IMG_1778
先週からずっと三国志のシュミレーションゲームにハマっている。スマホを使ったオンラインゲームで、何千何万のプレイヤーたちが同盟を組んで、計200万マスある土地を奪い合うという内容。最も大きい城「洛陽」を落としたチームの勝ちだ。

僕はそんな広大な世界で一城の主となって、ああでもないこうでもない、と頭をこらしている。というのも、洛陽陥落を目指すひとりのメンバーとして、色々な戦略を練らなければならないからだ。資源の豊富な土地を領土化したり、兵を率いる武将を強化したり、城そのものを強化したりと、とても忙しい。

中華統一という覇道。そんな「分かりやすいゴール」がある分、そのフェーズごとに自分のやるべきことは限られてくる。まだ◯◯には勝てないから△△を先に倒しておこう、という具合だ。ゲームは選べる選択肢の組み合わせだけを考えれば良いから、複雑な現実世界と違ってとても生きやすい。僕のゲームが好きな理由はそこにある気がする。

「洛陽を落とすことだけを考えていればいい」というような目標を、この世の中でも作れたのなら。どれだけ楽に生きられるだろう、とそんなことを思いながら、2万円を課金した。