あけましておめでとうございます。

新年初日は、家族以外の誰とも会わずに過ごした。
起きて、高級時計のWEBサイトをネットサーフィンした後に
スマホゲームで時間を浪費してから、お雑煮を食べて外出。
寒空の下で1時間の散歩はさすがに凍えた…。

さて、2018年の抱負を。いざ。

抱負「30歳に向かって、人間らしく生きる」

30歳のイメージは「大人」なんだけど、
深みというか、厚みというか、今の僕にはそういうのが足りない。
だから、以下の6つのアクションで、人間らしさを手に入れる。
いずれも2017年の日記を読み返して重要だと思ったことだ。

■その1 感謝
バーベキューの時に先輩に何気なく言われた一言で、
過去の感謝を忘れて生きていることにハッとしたのがきっかけ。
毎日手帳に日記を書いているから、そのテーマを感謝にする。
その日のことに加えて、過去の感謝を一つ思い出して書く。

■その2 日光浴
11月頃寒さと悪天候で半鬱だった時に、
太陽の光を浴びてどれだけ救われたか。
だから、毎日30分は日光を浴びる。

■その3 コイントス
ハラハラ、ドキドキ。僕はハプニングを常に欲している。
だから、色々な決めごとがある度にコイントスで決めようと思う。
昨年までは「買う・買わない」という判断だけだったけど、
1日1回はコイントスをするように調整する。

■その4 時短勤務
心が荒廃する原因が、過労と睡眠不足のコンボだ。
これによって遅刻も多かったし、何にせよ気分が優れない。
というワケで20時強制帰宅を導入しようと思う。
仕事が終わっていなければ、帰宅後にMacbookでやろう。

■その5 テニス
去年キャンプに行って先輩のお子さんと遊んでみて思った。
「子育てには、体力がいる」と。
子どもが出来たら全力で一緒に遊ぶ父親でありたい。
なのに体力が無かったら、彼らの期待に応え続けられない。
それは嫌だ。だから、テニスに復帰する。

■その6 わび・さびの精神
ここ数年に渡って積み重ねてきた散財に次ぐ散財。
自分の気持ちを高揚させるアイテムとはいえ、見境が無さ過ぎた。
だから、貧祖な生活の中に楽しみを見出す力(わびの精神)を磨くことで
「お金を使わずに幸福を実現する」という究極の体技の会得を目指す。
具体的には何かを購入する際の許容予算を半減させて、
買い物の必要有無を彼女に委ねることにする。

よし。これで2018年も勝ったな…。
本年もよろしくお願いします!